台湾で武藤拉麺を経営しているデグです。

台湾でUber使ってますか?

このブログでは台湾でUberの利用をオススメしています。

この記事を読んで皆さんがぼくのプロモーションコードを入力していただいているおかげでUberを安く利用できています!

本当に、ありがたい限りです!

プロモーションコードを入力してくれた方にはNT$200(700円相当)のクーポンが発行され、ぼくにはNT$100のクーポンを頂けます。

おかげさまで、最近はUberに乗るときに、ほぼクーポンが適用されてます。

スクリーンショット 2016 03 10 23 23 06

 

台湾に来たら是非Uber Xの体験を!

日本ではまだUberのハイグレード版であるUber Blackしかないため、Uberの真価は分からないと思います。

台湾では、安価なタクシー代わりのUber Xがありこれがもう快適なんですよ。

Uber Xはいわゆる「白タク」になるので日本で本格的な普及は難しそうですね。

 

でもこの仕組みは本当に便利なので、民泊のAirbnbと同じく、広まるのも時間の問題だと思います。

 

現に台湾ではここ1年かなり広まりました。

以前はUberのドライバーが少ないせいか車が手配できないことも多かったですが、今はだいたい10分以内に配車可能です。これはドライバーが増えている証拠ですよね。

どんな時に台湾でUberを使っているか?

主に仕事帰りと、嫁との食料品の買物の帰り、ほぼこの2つの用途で使っています(笑)

ラーメン屋の仕事はけっこう体力を使いますので、忙しかった日の帰りがヘトヘトになるんです。

それにくわえて台北の雨の多さといったらもう・・・・

 

ぼくの店は駅から歩いて10分ぐらいかかるので、疲れきってるときは迷いなくUberを使います。

同じく、スタッフも疲れているので一緒にUberに乗って、駅まで乗り合いして「お疲れさま〜」って感じです。

 

こういう面でスタッフにもUberの恩恵を与えられているのは嬉しいですね。

嫁との買物にUberを使うのはぼくの休みが少なく、2週間分の食材を買い込むせいです(汗)

スーパーまで歩いて20分ぐらいなので、さすがに20kg近くの荷物を運べずUberを使ってます。

Uberが支持されるのには明らかな理由がある

台湾でこれだけUberが指示されるのは当然。

街を走る既存のタクシーより運転マナー、態度がいいんです。また目的地も事前に入力しておけば、コミュニケーションの必要もない。

 

それに加えてタクシーよりUberの方が安い。

これで広まらないわけがありません。

なお、このUberのサービスの良さは、相互評価システムが支えています。

Uberでは、ドライバー、乗客がお互いに乗車後に評価し合います。

 

その評価によってUberは低評価なドライバーを排除したり、低評価な乗客が乗車拒否されます。こんな風にUberはなりたってます。
※参考記事

みなさんも、もし台湾に来ることがあったら一度、街を走っているタクシーに乗った後、Uberを試してください。
その違いが分かるはずです!(笑)

 

プロモーションコードはこちらです。
どうぞ〜

uber

 
台湾人嫁ボニーのコメント

ボニー
まあUberでも対応が悪いドライバーはたまにいるけどね〜(笑
台湾で起業したラーメン屋の売上を公開しています

2014年に台湾・台北で起業したラーメン屋「武藤拉麺」の全売上を有料にて公開しました。

2014年からのリアルの売上額や以下のことを書いています。
【目次】

  • 店を開業するのに投資した費用
  • 最低利益率と最高利益率について
  • 営業情報(坪数、営業時間・・等)
  • 就労ビザについて
  • 台湾での飲食店起業はアリかナシか?

そのほか購入いただいた方からの質問の回答なども盛り込んでいます。

これまで150部以上買っていただいております。興味がある方はぜひどうぞ!

ツイッターのフォローお待ちしてます!