大雨続きです。
どうも、台湾で武藤拉麺を経営していデグです。

台湾の最低賃金がどんどん上がります

台湾にとっていい傾向ですね。
最低賃金がどんどん上がっています。

2016年アルバイトの最低賃金が133元へ

こんな画像が元社員の子から送られてきました。
最近行政の決定があったようです。

95978
日本語ニュースはこちら:最低賃金5%引き上げへ 労使双方から不満の声/台湾 | 経済 | 中央社フォーカス台湾

正社員の最低賃金が2017年から最低21,009元
アルバイトは二段階で上がり、2017年には133元になります。

ここ数年でどれぐらい上がってるのか?

武藤拉麺が店を開いた2014年では、アルバイトの最低賃金が115元でした。
わずか3年で14%ほど上がったことになります。

台湾で飲食店をやるのなら時給をいくらにするべきか?

こうして、台湾の最低賃金が上がっていくなかでアルバイトの給料はいくらにすべきだろう?と思いますよね。

2016年現時点であれば140元、可能であれば150元で募集するべきだと思います。
150元の時給であれば多くの人の目も引きますし、雇う側としても安くない給料ですので雇用者に多くを求めても良いラインかなと思います。

また日本語能力を求めても問題ありません。

どうせ最低賃金が上がってそのうち150元になるでしょうから、はじめから150元の時給に設定して他より給料が高い、という状態の恩恵をうけるのがいいと思います。
もしくは、優秀な人がいたら早い段階で時給を150元まで上げてしまう、というやりかたも良いのではと思います。

台湾の給料ってどれぐらいなのか?

ちなみに台湾における各業界の給料は過去に書きましたので参考にしてみてください。

全体でみると飲食店が賃金が低い業界なので、今回の最低賃金UPの影響が大きそうです。
まあそもそも最低賃金で人を雇わないといけない状態が好ましくないのですけどね。。。

以上、台湾の最低賃金が年々上がっているよという話でした。

ボニーのコメント

ボニー
最低賃金が上がったとしても、家賃に対して全然足りません(._.)
(台北の家賃はだいたい1.5〜2万元ぐらい)

ツイッターのフォローお待ちしてます!

おすすめの記事