【追記】

ここで紹介している小吃店という形態での登記はおすすめしません。

理由は就労ビザが発行できないからです。(台湾人パートナーがいてビザがあるひとはOK)

 

やっとここまで来たかという実感が。

登記完了!!

台湾で起業「武藤小吃店」

台湾で始めて作った会社は「武藤小吃店」となりました。
武藤、は出資者の名字です。

2014 07 24 15 21 46

「武藤」という名前を台湾人が絶賛するので、そんなにいいなら会社名にしようというノリです。

ちなみに「小吃店」という形態は正確にいうと会社ではありません。
日本でいうところの自営業ですね。

自営業のメリットは過去にも書いたとおり、税金が安い。

台湾での起業!台湾の会社形態について | ラーメン開発記 in 台湾
会社として起業すると、「統一發票」というレシートを発行する義務があります。
小吃店は売上が一定のライン以下ならその必要なく、免税になり5%ほどの税金を節約可能!

2014 07 24 17 22 00

そんなメリットもあって今回は会計士、台湾人がすすめる形態での起業になりました。

ですが、1日100杯ぐらい売れるラーメン屋に成長したら、税金を払わないといけないレベルになっちゃうので少しの間の節約になりそうです。

統一編號

台湾では企業1つ1つに割り振られる「統一編號(とんぃーびぃぇんはお)」というIDがあります。

うちの店の統一編號は38512488となりました。

2014 07 24 15 22 09

8というラッキーナンバー

台湾や大陸含む中華圏では8という数字は縁起が良い番号として好まれる傾向があります。

その8が末尾に2つもあるということで、台湾人の自分のことのように喜んでました。
人の事をこんなに喜べる・・・この辺に台湾人の情を感じます。

やっさしいよなぁほんと台湾人は(TдT)

次なる課題はビザ

会社も正式に設立できたところで、次はビザを正式に取得して台湾での立場を「旅行者」から「居住者」に格上げをしていきたいです。
過去にも書いたように、ビザの問題には振り回されっぱなしなのでケリを付けたいところです。

台湾で起業!就労ビザはどうすればいいのか | ラーメン開発記 in 台湾
台湾で起業する時のビザ(査証)の取得方法について | ラーメン開発記 in 台湾

正式に取得できたら、情報共有を兼ねてブログに書こうと思います。

以上、台湾での会社設立の報告でした。
ではまたー!

コメント
  1. 渡邉俊輔 より:

    私も個人での起業(自営業)を希望する者ですが、飲食店ではないので、Deguさんと業態が異なります。だからと言って、会社登記するほどの規模の事業では有りません。この場合、経営実態が異業種であっても、小吃店での登記は可能なのでしょうか??

    • Degu より:

      こんにちわ。
      コメントありがとうございます。

      小吃店という形態が飲食店業を指します。
      それ以外の業種だと外国人の場合、基本的には有限公司以上での登記が必要となると思います。

      会計士に小吃店で登録している限り、他の業種での商売はできないよと言われているのでたぶん間違いないかと思います。

      台湾で起業、いいですね!
      応援しています。

      • 渡邉俊輔 より:

        お忙しいところ、こちらこそ、ありがとう御座います。
        どうも、色々と調べていくうちに、”工作室”なる行號が存在することが分かりました。
        まだ、会計事務所等には相談していないので、”工作室”がどの範囲の仕事までカバーできる行號なのかは不明です。
        進捗が有りましたらまた、報告いたします。

コメントを残す

台湾で起業したラーメン屋の売上を公開しています

2014年に台湾・台北で起業したラーメン屋「武藤拉麺」の全売上を有料にて公開しました。

2014年からのリアルの売上額や以下のことを書いています。
【目次】

  • 店を開業するのに投資した費用
  • 最低利益率と最高利益率について
  • 営業情報(坪数、営業時間・・等)
  • 就労ビザについて
  • 台湾での飲食店起業はアリかナシか?

そのほか購入いただいた方からの質問の回答なども盛り込んでいます。

これまで150部以上買っていただいております。興味がある方はぜひどうぞ!

ツイッターのフォローお待ちしてます!