こんにちは、台湾・台北でラーメン屋をやってるデグです。
1年以上取り組んでた2号店出店ですが、ようやく納得いく立地にあるテナント契約ができました。

2号店の場所は?

2号店の場所は台北市の「西湖」駅から徒歩10分のエリアです。(今の店の近所)

今の店の成功要因を再現するために同じ客層や、位置付けを狙った場所で2号店をやります。
ちなみに今の店の場所はここです。

【関連記事】

2号店でやりたいこと、気をつけたいこと

テナント契約をして早速いろいろなことに取り掛かっているのですが「あれやって、これ準備して・・・」と道筋がイメージできる強くてニューゲーム状態を実感しています。

楽しい・・・

台湾に来た頃は自分が何が分からないのか分からない状態でした。
ゲームでいうならレベルもゼロで、最初に行く街も分からんような状態ですね。

ということで、せっかくの強くてニューゲームなので色々目的や先に気をつけたいことを設定しようと思いました。

低予算で仕上げる

1号店で投資した金額は以下のnoteに書いたように多額でした。

安く出店できればそれだけ回収期間が短くなるため今回は低予算で仕上げたいなと思っています。

低予算といっても内装の品質を落とすわけではありません。

例えば・・・
  • 内装工事をフル外注をしない
  • 内装資材を自分で用意する
  • 棚など自分で組み立て用意できるものはする

    などなど、フルオーダーの店づくりではなく自分も施工したりするセミオーダーぐらいの工事にしようと考えてます。
    この辺のやり方についてはまた後日記事にしてみようと思います。

    中国からの個人輸入

    内装の備品も台湾や日本で買うのではなく、中国の生産元から仕入れようと思っています。

    例えばのれん、テーブル、監視カメラ・・などですね(食器類はちょっと躊躇します)
    すでに今の店でもオリジナルのロゴ入りののれんを使っています。

    生産元から買うだけあって日本では考えられないような価格で調達できます。
    品質も良く、満足しているので2号店でも活用していきます。

    これでだいぶコストダウンできるはずです。

    台湾の各種法令に準拠する

    法令準拠を徹底したいと思います。
    台北市は苦情受付センターみたいなのがあって市民の権利が強いです。騒音・異臭・・など。

    過去にこれで近隣住民とのトラブル(クレーム)や行政からの指導を食らってるので、その辺を先回りして取り組む予定です。

    【関連記事】

    弁当・デリバリーを最初から取り組む

    日本ではイメージしにくいですが、ここ台湾では弁当などのフードデリバリーが非常に盛んです
    うちでは、サイドメニューで出している唐揚げやトンカツを和風弁当にしてUberEATSで販売しています。

    最初は「売れたらいいな」ぐらいの取り組みだったのですが、結構バカにならん売上になってきました。
    なので2号店では最初から弁当を生産することを前提とした設備を作っていきます。

    【関連記事】

     

    こんな感じで2号店でやりたいこと、気をつけたいことをざっと挙げてみました。

    他にも過去にあった失敗や気づきを振り返りながら強くてニューゲームをやっていきたいと思います。(ブログに書いておくっていいですね!)

    【色々な過去記事】

    最強のパートナーと強くてニューゲーム

    あと1番でかいのはボニーという台湾人奥さんの存在ですね。
    テナント契約を30%ぐらい値引きしてくれましたし、契約の翌日にはPCでテナントのモデリングを始めてました。早すぎる。

    以上、2号店を作るという報告でした。
    落ち着いたら作る過程、かかった費用・期間や節約できた金額、売上などを赤裸々に語った有料のコンテンツをアップしたいと思います。

    台湾起業に興味がある方はたまにブログみにきてもらえると嬉しいです。
    では。

    150部以上売れた有料起業体験談はこちら
    台湾でラーメン屋を起業して3年、利益は出たか?台湾の色々な事情について
    https://note.mu/degu/n/n594826b929bc
    台湾で起業したラーメン屋の売上を公開しています

    2014年に台湾・台北で起業したラーメン屋「武藤拉麺」の全売上を有料にて公開しました。

    2014年からのリアルの売上額や以下のことを書いています。
    【目次】

    • 店を開業するのに投資した費用
    • 最低利益率と最高利益率について
    • 営業情報(坪数、営業時間・・等)
    • 就労ビザについて
    • 台湾での飲食店起業はアリかナシか?

    そのほか購入いただいた方からの質問の回答なども盛り込んでいます。

    これまで150部以上買っていただいております。興味がある方はぜひどうぞ!

    ツイッターのフォローお待ちしてます!