【2018年】台湾のグルメレビューサイトはGoogleが強い

台湾人はどのようにしてレストランの口コミを探してるのでしょうか?

実はGoogleが強いという意外な事実を見つけたので紹介していきます。

台湾人は飲食店のレビューを何でみる?

もしあなたがラーメン屋や、居酒屋などの飲食店に行こうと準備をしてたとします。

そんなとき店の情報や評判ってどうやって調べますか?
日本だと「食べログ」を使う人が多いんじゃないかなと思います。

台湾の場合はどうでしょう?
似たようなタイプのサービスがありますが、食べログほどの強さをもったレビューサイトはありません。

その代わり日本と違い台湾はFacebookのシェアが非常に高くFacebookページのへのレビュー書き込みが活発なんですよね。

Facebookページのレビューの多さは過去のこの記事にも書きましたのでよかったらどうぞ。

そんなわけで武藤拉麺でもFacebookページへの口コミは重点を置いて監視してます。

武藤拉麺Facebookページのレビュー数

ちなみに現在の武藤拉麺のFacebookページに頂いたレビュー数は71件です。
(日本人の皆さんも書いて頂いて本当にありがとうございますね)

 

ありがたいことに評価もそれなりに高い水準を保っています。

  • 何を食べるか決まってなくてふらふら歩いている時に武藤拉麺を見かける
  • ネットで検索して武藤拉麺を調べる

 

こんなシーンでFacebookページの口コミがお客さんの目に触れることが多いでしょうが、武藤拉麺のレビューを見た時にこの店はダメだとは思わないでしょう。(少なくとも低評価が連発している店よりは)

普段からそんな風に考えておりました。

FacebookページよりGoogle?

しかし最近意外なことに気が付きました。
郵便番号を調べるためにGoogle Mapで武藤拉麺の場所を確認してたんですね・・・・。

ん?

ん?

レビュー数248件!?

そうなんです、Facebookで71件だったレビュー数が、Googleのほうだと248件もあったんです。3.5倍です。

なんてことを見落としてたんだ・・・・

という気分になりましたね。

進化していたGoogle Mapsのレビュー

Googleマップにレビューが書けることは知っていたのですが台湾では最近活発になってきているようです。

さらにWebビジネスに詳しい友人に聞いたところ、Googleマイビジネスなるものがあるらしく口コミサイトと同様のことができます(Google Mapからメニューが見れたり)

 

早速、武藤拉麺もGoogleマイビジネスに登録しレビューへの対応やメニュー表示などをしていくつもりです。
https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

Facebook VS Google どちらが本音を書きやすい?

Googleの方のレビューを読んでると色々わかることがあります。

おそらく、みなさんもFacebookとGoogle両方のアカウントでで飲食店のレビューを書くとしたら書く内容変わりますよね?

Facebookの場合

  • 基本的に実名
  • 汚い言葉はあまり使えない
  • その店との関係上、厳しく言えない

Googleの場合

  • 匿名アカウントも可能(メルアドのみ)
  • 本音が書きやすい
  • 人間関係などのしがらみがない

上記のような違いがあると思います。

現に☆1もそこそこありますしね。

※台湾の方に日本のラーメンをそのまま出すとこんな感想になりやすいです。

Googleのほうがお客さんの素直な声が届きやすいというメリットがあります。

しかしその反面アカウントを大量生産して。競合店に悪い口コミを書くことも可能なので注意も必要だと思いました。

端的に言えば、

ポジティブな内容はFacebook、ネガティブな内容はGoogleに集まる

こんな感じでしょうかね。

飲食店経営者はFacebook、Googleのレビュー両方チェック!

ということでFacebookレビューのみならずGoogleのレビューも飲食店経営者はチェックしていくべき!という学びです。

こういうノウハウは2号店を出店しても役立ちますし、早速今日から取り組みたいと思います。

以上「台湾のグルメレビュー、実はGoogleが強い?」でした。

んじゃ!

台湾人嫁ボニーのコメント

ボニー
レビューが多い原因はGoogleからポイントがもらえてに、色んな特典があるから
特典がないと台湾人書かないでしょ( ^ω^ )
コメント
  1. まっつん より:

    日本でGoogleマイビジネスのコンサルティングをやっていますが、台湾でもやはりGoogleマイビジネスの利用率上がってきてるんですね。

    口コミの返信とそのスピードが結構、順位などに影響与えてるのですでに書き込まれたレビューに全返信するとかなり強化できると思いますよ。

    ほかにも細かいコツはありますが、ぜひトライしてみてください。

    • デグ より:

      ご返信遅れました!
      >口コミの返信とそのスピードが結構、順位などに影響与えてるのですでに書き込まれたレビューに全返信するとかなり強化できると思いますよ。
      ありがたいアドバイスありがとうございます。早速店長に話して実践してみたいと思います💪

  2. 青物横丁のロングバット より:

    子供可愛いですよね。
    自分は子供が生まれた時、仕事が忙しく帰りは毎日PM11を回ってましたから、毎日子供の寝顔しか見れなかった事をすごく後悔しています。
    忙しいと思いますが、頑張ってください。

    • デグ より:

      コメントへの返信が漏れてましてすみません・・・。
      おかげさまで子どもはすくすく育ってます、家族のこれからも頑張っていきます!ありがとうございます。

  3. 匿名 より:

    はじめまして!
    私もテグさん程ではありませんが、
    台湾が大好きで、
    お商売チャレンジしています!
    しかも、旦那は日本で脱サラして、ラーメン屋をこれからします!
    少し重なる所が多くてコメしました。
    ちなみに
    私は台湾のお仕事はまだ赤字ですから、日本のお仕事メインです。

    • DEG(デグ) より:

      はじめまして!
      コメントありがとうございます。
      おお、台湾と日本で同時にお仕事されているのですね、スゴいです!

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

台湾で起業したラーメン屋の売上、失敗した2号店の事情を公開!

台湾ラーメン屋の起業記録

2014年に台湾・台北で起業したラーメン屋「武藤拉麺」の全売上を有料にて公開しました。
リアルの売上額や以下のことを書いています。
【目次】

  • 店を開業するのに投資した費用
  • 最低利益率と最高利益率について
  • 営業情報(坪数、営業時間・・等)
  • 就労ビザについて
  • 台湾での飲食店起業はアリかナシか?

そのほか購入いただいた方からの質問の回答なども盛り込んでいます。

これまで150部以上買っていただいております。興味がある方はぜひどうぞ!

2号店の失敗、その損失と教訓について

-2019年10月-
ラーメン屋2号店を立ち上げるも4ヶ月で撤退。その理由は?損失額や反省、教訓を公開しました。

【目次】

  • 第一部:2号店の損失額(開業費、運営費用、撤退費用)
  • 第二部:店舗探し〜開業〜閉店・店舗売却までのタイムライン
  • 第三部:2号店失敗の分析、これから開業する人に知ってほしい教訓
  • 番外編:5年の経験と2号店の失敗を経ての「海外ビジネスの難易度」

ツイッターのフォローお待ちしてます!