台湾・台北にUBER(ユーバー)が帰ってきた!でも・・・

UBERが!帰ってきた!

どうも台湾で武藤拉麺やってるデグです。

 台湾政府から追放されたUBER

このブログでも大プッシュしてた、台湾のUBERですが先日サービスを終了してしまいました。(※UBERについてはこちら

サービス終了直前は、UBER運転手の通報に懸賞金までかかりました。

なんと通報1件あたり4万円ですよ!

Uberを通報して年収100万円!?台湾・台北当局とUberの壮絶な戦いが始まる

2017.01.08

政府からの圧力はすさまじいものがあり、最終的にはUBER運営会社の資産の差し押さえまで執行されてしまいました。

もはや撤退せざるを得ない状況でした。

合法?違法?

もともとUBERは事業内容を情報通信業として台湾でサービスを開始しています。

そのせいで「適切なライセンスを取得していない」というタクシー業界からの反発を受けていました。

「配車マッチングサービス」と主張するUBERには政府・既存業界からプレッシャーがあったんでしょうね。

それでも台湾市民からはUBERが支持されていたんですよ。

でぐ
タクシーと違って運転が優しい
ボニー
タクシーと違って社内がキレイ

ぼくら夫婦もUBERのヘビーユーザーでした。

しかし、上記の記事にもあるように罰金に次ぐ罰金が発生し、その額は30億円にもなったんです。

さすがにこの状況にはUBERも打つ手がなくなり、2017年2月10日でサービス終了となってしまいました。

台湾のウーバー、10日から配車業務休止…政府との対話求める方針 

サービス終了から2ヶ月後、UBERが戻る

そんな惜しまれつつサービス終了したUBERでしたが、意外にも早く2ヶ月後の4月14日にサービスを再開しました。

ウーバー、台湾でサービス再開 まずは台北から 運賃は以前よりアップ 

これはもう大喜び。

なんせぼくは1週間に3〜4回はUBERを使うぐらいのヘビーユーザーだったのですから・・・。

4月15日現在、まだ使い物にはなりません

しかし、戻ってきたとはいえ全く使い物になりません。

なぜならUBERのドライバーが全くいないんです。

アプリを軌道しても現れるのは1台分のドライバーだけ(笑)

いつUBERを軌道しても1台ぐらいしか走ってません・・・

配車をお願いしようにも、到着に20分かかる・・・・

これだと気軽に使えるモノではありませんよね。

20分待たされるのは実用的ではないです

UBERドライバーにライセンスが必要?

どうしてこんなに少ないのかを調べたところ、どうやらUBERが復活するにあたってドライバー側に条件が新しく設定されたようです。

ライセンスが必要なようなのですが、詳しい所はわかりません。

しかし、以前のドライバーやライセンスを取得した人の新規加入で、UBERが賑わうのも時間の問題だと思います。

勝手な予想ですが、日本のG.Wの頃にはUBERが普通に使えるようになっているんじゃないでしょうか。

でぐ
稼ぎどきだからね

ヘビーユーザーが改めて実感したUBERの良いところ

2ヶ月間UBERを使えなかったわけですが、改めてUBERの良いところを実感できるきっかけにもなりました。

  1. 行き先の事前入力
  2. キャッシュレス
  3. 社内の清潔さ

行き先を事前に入力できることで省力化

UBERは「行き先を入力してからタクシーを呼ぶアプリ」です。

なので、車に乗ってからドライバーと「あそこの通りの○○ビル、○○駅が近くて・・・」なんていうやり取りをする必要もありません。

住所もいう必要がありません。(だから海外で便利なんですよ。)

あとUBERのドライバーも行き先がわかってるのでムダに話しかけてきません

キャッシュレスのストレスフリー

到着したら車から降りるだけ」ということにこんなに価値があるとは思っていませんでした。

クレジットカードの情報をUBERに入力してあるので、到着したら降りるだけなんですよねUBERは。

UBERがなくなってから普通のタクシーにのって現金支払い/クレカ支払いの両方を体験して「ああ、もう財布をだすこと自体面倒だわ」と思うようになりました。

着いたらすぐ降りたいです。(笑)

社内の清潔さ

台湾のローカルタクシーは汚いのが多い・・・です。

もちろんすべてのUBERが清潔かというと、たまーに古くて汚い車もあるのですが、タクシーと比べたら遭遇率はかなり低いです。

特に女性はこういうこと気になると思います。

ボニー
台湾のタクシーは本当に汚い!おじいさんだと臭いもするしね

と、こんなふうにUBERがなくなってからあらためて良さを実感できました。

早いところ通常復帰をして欲しいもんです。

台湾に行く予定があるのならUBERアプリを!

というわけで、UBERの復帰と改めて実感したこのサービスの良さについてでした。

これからゴールデンウィークなど、台湾に来る機会がある人も多いと思います。

道中の移動はぜひUBERを使ってみることをオススメします。

Uber
Uber
無料
posted with アプリーチ

UBERアプリをいれて利用登録が完了したら、プロモーションコード「ubertaiwan114」を入力してみてください。

NT$100相当のクーポンコードが配信されます。(ぼくにも!)

以上、「台湾・台北にUBER(ユーバー)が帰ってきた!でも・・・」でした!

ボニーのコメント

ボニー
台湾のタクシーのレベルは低すぎて9割の台湾人に嫌われてる(残った1割はタクシー運転手?w)
日本人のことバレたら遠回りされる可能性がすごく高いので絶対観光客におすすめしませんw

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。