これぞカルチャーショック!台湾人のちょっと変わったラーメンの食べ方を紹介

台湾でラーメン屋を営んで1年が経過したデグチです。

海外で日本の文化を発信!

寿司、ラーメン、トンカツ、うどん、カレー、天ぷら、丼モノ・・・などなど外国人に人気のある日本食は多いです。
日本人は、日本人であるだけでチャンスなのです。コレ実はすごいこと。

しかし、その国にはその国の文化があり、決して日本の文化を押し付けることはできないのだなと痛感する毎日です。

予想外な動きばかりされるんですよw

今回は、そんな話の中の1つ台湾人のちょっと変わったラーメンの食べ方を紹介します。

ラーメンが届いてもすぐ食べない

まずこれ。

いやー、日本のラーメン屋をイメージしてたからもうビックリ!
ラーメンがテーブルに届いてもなかなか箸をつけない人が結構いるんです。

じゃあ何をしているか?

1人客なら、スマホで動画・ゲームしたり
2人客なら、友達と楽しく話しているんですね。

「ラーメンきたー」「じゃあ食べよっかー」

じゃなくて

スマホでゲームし続ける、トーク継続し続ける。
それで気がついた頃にラーメンに手を付ける。

まるでファミレスの女子会のようだ・・・

吉野家、丸亀製麺・・日本のファストフード出身のラーメン屋にはなかなか考えにくい動きです。

さすがに昼休みに食べに来てる時間のないサラリーマンには少ない傾向ですが、夜にのんびり食事に来ている人の中にはこういった方が多くいます。

実はこれがうちがラーメンの麺を細麺ではなく、多加水の中太麺にしている理由でもあります。
博多とんこつバリの細麺を出そうもんなら、麺が伸びまくって悲惨ですよ。

ラーメンを全部かきまぜる

2015 10 14 20 05 35

これも初めはびっくりしました。
二度見しましたね。

ラーメンを全部かき混ぜる。
もう、油そばかと思うぐらいかき混ぜる方もいますね。

たぶん、炸醤麺とか、他の台湾料理の食べる時の要領で食べてるのかなって思いますが。。。

それにしてもしっかり混ぜます。

綺麗にラーメンを盛りつけてもぐっちゃぐちゃw

チャーシューの脂身を取り除いて食べる

武藤拉麺のチャーシューは肩ロース肉を使っています。

でも、オープンした時は豚バラ肉使ってたんですよ。
こんな感じです。

スクリーンショット 2015 10 26 15 12 20

まあ、日本でもどんなチャーシューが好きかは意見がわかれますよね。
でも僕は脂とろとろのバラ肉チャーシューが好きなんですよ。だから台湾でも作りました。

ところが一部の人からは大不評!
脂の部分を全部箸で千切って食べるんですよ。

結局、全体的にウケる肩ロース肉でチャーシューを作るということに落ち着きました。

スクリーンショット 2015 10 26 15 13 37

ラーメンをゆーっくり食べる

個人的にこれは良いことだと思います。
ラーメンに限らず、日本人が全体的にご飯を食べるのが早いのかな?

1時間かけてラーメン食べてるお客様もいますよ。
流石にスープ冷めてそうだったので、スープのお代わりを差し上げました。

先にラーメンのスープを全部飲んでしまう

「スープのお代わりくださーい」
「OK〜!」

と、スープを持って行ったらびっくり、スープがなくて麺だけ残ってる。

これ、日本人的にはびっくりしませんか?

ラーメンのスープを全部飲んでから麺を食べる。
そして、スープのお代わりを要求する。

いやーこの発想はしたことがない!

でも、これは先に飲んでしまうぐらいうちのラーメンスープが美味しいのだと思うことにしよう。

スープを全部飲み干す・飲み干そうとする

2015 10 14 20 05 18

続いてスープネタ。
日本ではラーメンのスープを全部飲む人と飲まない人の割合は3:7ぐらいじゃないかと思います。

台湾の場合は、その反対。
基本的にスープは全部飲むもの、として捉えられています。

なので塩分を抑えめにしないと、いけないと口酸っぱく最初は言われました。
ただ、極力日本の味で出したいので今は全部飲み干したいお客さんには出汁スープを提供しています。

あ、でも最後の一滴まで飲み干そうとしているお客様を見るときが、ぼくの至福のときです。
この時のぼくはたぶん、いい笑顔していると思います。

まとめ

以上、台湾でラーメン屋を経営して知ることができた、台湾人のちょっと変わったラーメンの食べ方です。

笑い話に聞こえるかもしれないですけど、海外においてラーメン屋は日本のラーメン屋でないのだ、というところがポイントです。
ファーストフード感覚でラーメンを食べてさっと帰る、これはなかなか海外で定着しないんじゃないかな。

だって、その国にはその国のファーストフードがあるわけです。
ましてや相場より少し高い日本料理。そりゃレストランのようにゆったりゆっくりしたくなります。

というわけで、台湾で飲食店を開業するなら日本の常識にそって、そのまま当てはめることはなかなか難しいよー、という話でした。

台湾での起業ノウハウを公開中!

台湾でラーメン屋を起業して3年目を迎えました。
  • 売上は?利益は出たか?
  • スタッフはどうやって募集した?
  • 台湾で起業はおすすめなのか?
  • 物件の探し方は?

などなど!色々な話を盛り込みました。 リアルな投資金額や売上さらには利益率を書いています。
台湾進出を検討している人には参考になるはずです。
台湾でラーメン屋を起業して3年目、利益は出たか?台湾の色々な事情について
この有料記事には、毎月の売上を追記さらには質問への回答を随時更新していますので、ぜひ活用してください。

もっと多くの人に読まれたいのでシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。