台湾に行くなら勉強すべきは台湾語ではありません、台湾華語を勉強しましょう

台湾で武藤拉麺を経営しているデグです。
前に台湾で使われてるのは台湾語じゃなくて、中国語なんだよという内容を書きました。

台湾で使われてるのは台湾語ではありません、中国語です

2016.05.05

今回は台湾へ旅行やワーキングホリデー、留学や転勤で来ることになった人へ、台湾で使われる中国語の勉強教材の選び方を書いてみたいと思います。

どうしてかというと・・

ぼくは台湾に来る前にたくさん中国語を勉強する為に本を買ったのですが全て無駄になったからです。

「中国語」というキーワードで教材を探してはいけない

例えばAmazonで「中国語」と検索すると色々な中国語学習の本が出てきますよね?

Amazonで「中国語」で検索

その中から1冊見てみましょう。
例えばこういった本です。

しかしながら、これらの本に書かれている中国語は、台湾で使われていないのです。

「えっ台湾で使われているのは中国語じゃないの?」

はい、間違いなく中国語なんですが、中国本土で通じる中国語と台湾で通じる中国語が違うのです。

微妙に違う台湾の中国語

台湾で主に使われている言語も中国語(北京語ともいう)なのですが異なる言語として捉えられています。

例えば、中国土で使われている簡体字ではなく繁体字を使う、という点。
また言葉の言い回しも違う(詳しくは下記の引用先に)など、大筋で同じような言語に見えるものの違う言語として考えたほうがいいのです。

今回の話をまとめますと、

台湾で主に使われている言語は台湾語ではなく中国語(北京語)
漢字は繁体字を用いており中国本土の簡体字は使わない
中国本土で使われている中国語(北京語)と台湾で使われている中国語はニュアンスが違う
ニュアンスとは使う言葉や使わない言葉、発音など
こういうことです!

引用元:だから台湾で使われてるのは台湾語じゃないんだって!中国語なんです | 0から始めるラーメン屋 in 台湾

「台湾中国語」「台湾華語」のどちらかで検索しよう!

なので、台湾で使うための中国語を勉強したいのであれば、こういったキーワードで検索して探しましょう。

台湾中国語Amazonで「台湾中国語」で検索
台湾華語Amazonで「台湾華語」で検索

 

この2つのキーワードです。
同じ中国語でも検索結果に出てくる本が全く違いますよね?

こういった本たちが出てくると思います。

いずれも台湾中国語であったり台湾華語というキーワードが本に使われています。
こういった本は台湾で使われている中国語について書いてあるというわけですね。

 

こういったキーワードの違いで、選ぶべき本の結果が変わってしまうので気をつけましょう、という内容でした。

台湾で使う中国語を学ぶのにおすすめの本は?

296747958_8c15e91e3f_z
photo by Steven S.

台湾に行く前に中国語を勉強する方におすすめの本などを書きたいのですが、全く中国語を勉強していないのでオススメができません(笑)

強いて言うなら先ほどのこの本は漫画形式で読みやすかったです。

カタカナ中国語が通じない理由から始まり、発音や文法に言及し、日常生活で使う中国語を紹介していくという本でした。
まあぼくは2〜3度読んだだけで終わりましたが・・・

また、台湾留学で中国語を勉強する際に、必ず使う本もありますのでそれもいいかもしれません。

台湾留学.com / 新版実用視聴華語1(MP3-CD付) 日本語訳プレゼント
これは台湾師範大学が公式に作成した中国語学習の教科書です。

台湾の中国語を英語で解説してます。
そう、英語なんですよ・・・

しかし、かなりのボリュームで勉強になる・・・はず!(ぼくは挫折しましたけど)

また、この参考書がいいよ!というこのブログの読者さんからの、オススメがあればぜひコメントにて教えていただけると嬉しいです。
このブログに追記していきたいと思います。

よろしくお願いしまーす!

ボニーのコメント

ボニー
まあ、別に中国語できなくても台湾で2年住んでしかも結婚までした人がいるけどw
※ぼくのことです

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。