台湾行きのLCC(格安航空会社)のまとめ

世界一の親日国と言われる台湾。年々日本からの観光客も増加しているというニュースも台湾でよく目にします。

ぼくは日本に帰るとき、いつもLCC(格安空港会社)を使って旅費を節約しています。
そこで台湾と日本をつなぐLCCを自分の備忘録がてらまとめました。

台湾、日本間のLCCはこの4社

【2015年12月追記】
現時点(2015年12月)では日本から台湾へ行くLCCはこの5社。それぞれ就航している空港が違うので、チェックしてみてください。

また今後就航予定の航空会社もありますのでそれも紹介しています。

「空飛ぶ電車」がコンセプトのピーチ(peach)

桃色がトレードマークのピーチ。
【公式】Peach
スクリーンショット 2015 10 24 16 28 53

発着空港

台湾桃園国際空港(TPE)へ行けるピーチの便は下記の3つの空港から。

  • 羽田空港(HND)
  • 関西空港(KIX)
  • 那覇空港(OKA)

高雄国際空港(KHH)への路線は現時点で関西空港のみ。

  • 関西空港(KIX)

特徴

Peach Aviation株式会社(ピーチ・アビエーション)は、ANAホールディングスを筆頭株主に持ち、関西国際空港を拠点とする日本の格安航空会社 (LCC) である。

引用元:Peach Aviation – Wikipedia

ピーチは関西空港の第二ターミナルが大きな拠点になっています。
一度行ってみるとわかりますが、第二ターミナルはピーチ専用のターミナルになってます。

チェックインする機械が置いてあり、自分でパスポートなどを読み込み、搭乗手続きをすませます。
なかなか面白い体験ができます。

スクリーンショット 2015 10 25 20 30 25

また、Peachは高い就航率を記録しています。
業界No.1の実績を残しているようです。

e="http://biz-journal.jp/2013/10/post_3146.html" title="LCC、ピーチ独走・2社迷走の理由〜顧客サービス、高い定時運航率の秘訣と自主独立路線 | ビジネスジャーナル">

なみに、国土交通省発表の直近データ(航空輸送サービスの比較等に関する情報)によると、13年1-3月期のLCC3社の就航率はピーチ99.46%、ジェットスター96.34%、エアアジア98.15%と、ピーチの高さが際立っている。これにはフルサービス系航空会社のJAL 98.41%、ANA 96.45%も敵わない実績だ。

引用元:LCC、ピーチ独走・2社迷走の理由〜顧客サービス、高い定時運航率の秘訣と自主独立路線 | ビジネスジャーナル

また、セールの頻度も多く、大阪→台北間を4,980円などの驚く価格でのチケットが販売されることも。

台湾への格安航空券!大阪→台北が片道4,980円!年内に行く人は急ぐべし

2014.08.13

こういったセール価格での航空券を一般より1日早く入手できる「Peach Express」という会員サービスもあります。
スクリーンショット 2015 10 25 20 02 45
スクリーンショット 2015 10 25 20 02 30

年会費5,000円でのサービスです。
ただ、この年会費5,000円というのは年に2〜3回買う人ではないと恩恵を受けられないのかなと思います。

バニラエア

現時点でANAの100%子会社であるバニラエア。
【公式】バニラエア (Vanilla Air)

スクリーンショット 2015 10 24 16 32 46

発着空港

バニラエアは台湾への路線は成田空港のみ。

・台湾桃園国際空港(TPE)

  • 成田空港(NRT)

・高雄国際空港(KHH)

  • 成田(NRT)

特徴

ぼくはバニラエアは唯一使ったことがないのですが、Webの航空券予約画面はダントツで使いやすいです。

スクリーンショット 2015 10 25 20 51 02

過去には、成田→台北の航空券を5,780円で販売するセールもやっています。
関東圏で台湾に行く方は要チェックのLCCです。

【注意】
4名以上の申しこみで10%割引の「みんなで割」は10/25で終了です。

JetStar

強烈なオレンジ色がトレードマークのJetstar

スクリーンショット 2015 10 24 16 29 36

発着空港

Jetstarは最も多くの就航路線があります。

・台湾桃園国際空港(TPE)

  • 新千歳空港(CTS)
  • 福岡空港(FUK)
  • 熊本空港(KMJ)
  • 中部国際空港(NGO)
  • 成田空港(HND)
  • 関西空港(KIX)
  • 那覇空港(OKA)

現時点(2015年10月)日本全国から台北に行けるようになっています。

・高雄国際空港(KHH)
現時点(2015年10月)で高雄への就航路線はありません。

Jetstarも過去に数多くのセールを開催しています。
先日は東京、大阪、名古屋と台北の路線就航記念セールもやってました。
その値段片道何と980円。。。

この記事の人は実際に980円で予約とってますね。うらやましい。
空席あり!ジェットスター台北線デビュー記念セール | いがモバ
※ただ、Jetstarはサーチャージ代は入っていないので結局数千円になるんですけどね。

JetStar

強烈なオレンジ色がトレードマークのJetstar

スクリーンショット 2015 10 24 16 29 36

発着空港

Jetstarは最も多くの就航路線があります。

・台湾桃園国際空港(TPE)

  • 新千歳空港(CTS)
  • 福岡空港(FUK)
  • 熊本空港(KMJ)
  • 中部国際空港(NGO)
  • 成田空港(HND)
  • 関西空港(KIX)
  • 那覇空港(OKA)

現時点(2015年10月)日本全国から台北に行けるようになっています。

・高雄国際空港(KHH)
現時点(2015年10月)で高雄への就航路線はありません。

Jetstarも過去に数多くのセールを開催しています。
先日は東京、大阪、名古屋と台北の路線就航記念セールもやってました。
その値段片道何と980円。。。

この記事の人は実際に980円で予約とってますね。うらやましい。
空席あり!ジェットスター台北線デビュー記念セール | いがモバ
※ただ、Jetstarはサーチャージ代は入っていないので結局数千円になるんですけどね。

V Air

台湾のトランスアジア航空が運営するV-Airが2016年より日本へ就航開始するようです。

[追記] 2015年12月16日から就航開始となりました。

スクリーンショット 2015 11 13 16 00 24

就航開始の記念セールも始まりました。

発着空港

台湾桃園国際空港(TPE)

  • 中部国際空港(NGO)
  • 関西空港(KIX)
  • 福岡空港(FUK)

いまのところは桃園国際空港と中部国際空港(セントレア)間のみの就航です。(名古屋民の私歓喜)

タイガーエア

スクリーンショット 2015-12-28 15.27.50www.tigerair.com/jp/ja/
e size-large wp-image-1333″ />

タイガーエアも桃園空港のみの就航。

発着空港

・台湾桃園国際空港(TPE)

  • 成田空港(HND)
  • 中部国際空港(NGO)
  • 関西空港(KIX)
  • 福岡空港(FUK)
  • 那覇空港(OKA)

就航予定

エアアジアジャパンが日本に再度参入する模様。
2016年春に中部国際空港から台湾桃園国際空港に就航するかも・・・です。
エアアジア・ジャパン、中部に16年春就航 訪日重視、福岡・札幌・ソウルへ

以上、日本と台湾間をつなぐLCC(格安航空会社)のまとめです!
修正、情報の更新など順次していく予定です。多すぎて覚えられねぇ!

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。