台湾驚きの常識!道に落ちている◯◯は拾ってはいけないらしい

Facebookでこんな情報が流れてきてビックリ。
台湾に1年半住んでるのに一度も聞いたことがないです。

台湾では道に落ちている赤い封筒は拾ってはいけない

このネタがFacebookでシェアされていて始めて知りました。

【クレイジージャーニー】台湾で道端に「赤い封筒」が落ちていたら絶対に拾ってはいけない!! 警察さえ触ろうとしないそのワケとは… – Togetterまとめ

赤い封筒」は中国語で「紅包」といい、お祝い事の時に渡す、お金を入れる袋のことです。
日本のお年玉袋や、結婚のご祝儀袋のような習慣です。

台湾では、なんとこのおめでたい赤い封筒を拾った者は死者と結婚させられるとか・・・
冥婚というらしいですが、そんな単語自体始めて知りました。

参照元:【クレイジージャーニー】台湾で道端に「赤い封筒」が落ちていたら絶対に拾ってはいけない!! 警察さえ触ろうとしないそのワケとは… – Togetterまとめ

警察すら拾わないならどうするの?

テレビでは、警察すら拾えなくて困ってるという内容だったらしいですが、でもぼくは実際に台湾で落ちているのを見たことがありません。

気になって店で働いている台湾人アルバイトの子に聞いたら、赤い封筒が落ちてても普通に掃除するらしいです(笑)

だいぶ昔の習慣なのでそんなに大事になることは少ないと言ってました。(いや、少ないって大事になるときあるのかよ・・・)

なんと道に落ちている指輪も拾ってはいけない

スクリーンショット 2014-12-07 18.28.19
赤い封筒に加えて教えてくれたんですが、台湾では道に落ちている指輪も拾ってはいけないらしいです。

もし拾ったなら指輪の持ち主の亡霊と結婚させられると言ってました
「なんだそりゃ!」と思わずリアクション。

異国の変わった習慣に触れた瞬間でした。
面白いですなぁ。

まとめ

台湾で道に落ちている「紅包」と「指輪」は拾ってはいけない。
台湾では道に何か落ちてても拾わないほうがいい(笑)

観光ガイドブックに書いておくべきや!

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。