[狂犬病リスク]道端に危険が転がっている台湾の犬事情

台湾の犬事情

ちょっとしたカルチャーショック。
台湾は犬の放し飼いが多い。



2014 03 14 13 52 35

写真を撮ったら全力で逃げられた。。

2014 03 14 13 52 47

「でもコレ野良犬でしょ?」と思うかもしれないんですが、飼われてるワンコも首輪で繋がれてないんですよねー。

今日、家具屋に入ったら普通に犬が床にいてびっくりしました(・・;)


2014 03 15 13 02 27

他にも店の前で、腹を出してのんきに寝ている犬や、食べ物が沢山ある市場でぞろぞろ犬を見かけたり・・と。
生活の中に犬が溶け込んでいます。

さすがに台北の中心部は街もキレイであまり見かけないのですが、少し裏路地に入ったら犬とご対面、ということもザラに。

潜む狂犬病リスク

犬が可愛いのは、否定しようのない事実ですが可愛いからといって野良犬、飼われている犬に接するのはかなり危険なようです。

こんだけ、衛生観念が低い台湾で自分の飼っている犬にちゃんと狂犬病の予防接種をしている人はあまりいないでしょう。

ブログでその危険を喚起している人もちらほら見かけました。

台湾で遭遇した放浪犬と、狂犬病について – 台湾私的通信。
アジアな空間 その754 台湾の狂犬病 の巻 – アジアな空間

特に小さいお子さんを連れている人は、目を離した間に犬と接しないように細心の注意を払ったほうがいいかと思います。
思いますっていうか、絶対注意すべきです。

っていうか台湾で狂犬病発症してた・・・・
アジアで狂犬病発症してないのは、日本とシンガポールだけ。

今年7月、野生のイタチアナグマ3頭の死体から、実に52年ぶりの感染が発覚した台湾。現地紙『聯合晩報』によると、9月22日現在でイタチアナグマ143例、ジャコウネズミ1例、そして犬にも1例の狂犬病感染が報告されている。

これにより、ペットショップの8割ほどが開店休業状態に追い込まれた台湾の“狂犬病パニック”は、同じ島国で1957年を最後に狂犬病の感染報告がない日本にとっても対岸の火事ではない。

引用元:致死率ほぼ100%の「狂犬病」が日本に迫っている(週プレNews) – エキサイトニュース(1/2)

ともかく道端の犬と安易に接しない。
頭の片隅に入れておいて損はない知識です。

ではまた。

タメになったらシェアお願いします!

1 個のコメント

  • 台湾では犬がウロウロしていると小耳に挟んで、放し飼いの犬が嫌いな私は不安でした。明日から台湾旅行に行きますが、情報ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。