だから台湾で使われてるのは台湾語じゃないんです!中国語なんです

台湾で武藤拉麺を経営しているデグです。

もう何度説明したことか。。。

みなさん、台湾で使われているのは台湾語じゃなくて、中国語だって知ってますか?

もちろん、台湾に関心がある人には周知の事実です。
ですが、ぼくの周りの友人は台湾に無関心なせいか・・・

「もう台湾語ペラペラになった?」

とか

「台湾語って難しいの?」

と、何度も聞かれるんですよね。
しかも、以前タイで地震があった時に「大丈夫か?」って言われたんですよ。

・・・いや俺がいるのタイじゃなくてタイワンね!
それぐらいぼくの地元友人は海外のことに無関心でして。

台湾の公用語は「中国語」である

というわけで、台湾の公用語は「中国語」なんですよ。
覚えてくれ、ぼくの地元民よ。

しかし、そんな単純な話ではなくもう少し説明すると、台湾では厳密にいうと、中国語の北京語を使っています。

中国語は中国語じゃないの?と思われるかもしれませんね。
なんでそうなるのかというと、中国の文化圏は広大なため地域により語源が分類されているんです。

  • 北京語
  • 福建語
  • 上海語

この他にも4種類ぐらいの分類がされており、方言レベルまで含めると40種類以上あるとか。
参考:中国語

なので、ぜーんぶ「中国語」という一括りになってるわけです。

日本でも関西弁、沖縄弁と色々あるのと感覚は似ていますね。

台湾語はローカル言語

じゃあ台湾語というものはないの?というと、それはそれであります。
ただ、台湾の首都である台北では殆ど使われていません。
台湾の南に行けば行くほど、台湾語の使用率は上がると言われてますが、少なくとも台北で2年以上住んでいるぼくは全く台湾語に触れる機会がありません。

うちの台湾人スタッフに聞くと、おじいちゃんおばあちゃんがよく台湾語を使っているそうです。
しかし台湾語を聞き取ることは何となくできても話すことは難しいと言ってますね。

同じ台湾中国語だけど、文字が違う?「繁体字」

じゃあ台湾では中国の北京と同じ北京語が使われてるんだね!
はい、その通りなんですが、もう少し説明すると、中国の北京語と台湾の北京語はまた違いがあります。(ああややこしい)
文字の種類が違うのです。

台湾の北京語には繁体字が使われています。

繁体字と簡体字はどれぐらい違う?

例えば亀という字を例に書いてみましょう。

日本語はこれ

スクリーンショット 2016 05 05 23 04 32

中国の簡体字はこれ

スクリーンショット 2016 05 05 23 04 39

台湾の繁体字はこれ

スクリーンショット 2016 05 05 23 04 25

難しすぎでしょこれ!
というふうに、同じ北京語を使っているものの字がかなり違うため、文章にすると違う言語のように感じることもあります。

でもみなさん何となくこれが亀という漢字かな?ということは分かりますよね。
こうやって日本人にとってわかるのが繁体字なので、文字の読み書きにはあまり困らない国なんですよ台湾は。

使う言葉も少し違う、台湾の中国語

また、台湾で使われる中国語と中国で使われる中国語(北京語)には若干使う言葉と使わない言葉の違いがあります。
例えば・・・・

早上好(おはよう)
これは台湾では使いません。台湾では「早安」です。

初期見面(初めまして)
これは台湾では殆ど使わない中国語ですね。

不客氣(どういたしまして)より、不會(どういたしまして!)を多用するなど、シーンによって使う言葉が違ったり。

小姐(おねえさん)という言葉を使って、店員さんを呼ぶのが台湾。
一方、中国で小姐はキャバ嬢のことです。

また音の発声領域も違います。
ニーハオ!もは中国の「こんにちは」ですが、
中国の言い方だと「ニィハァオ」
台湾の言い方だと「ニーハオー」です。

などなど、色々使う言葉のニュアンスが違うのです。
(ぼくが中国語まったく勉強してないのでコレ以上あまり詳しく説明できないんです、ごめんなさい。)

この違いは台湾に渡った中国人が、中国南部から来ているということが影響しているようですね。

というわけで台湾語ではなく中国語なんです

スクリーンショット 2016-05-05 23.08.49

今回の話をまとめますと、

  • 台湾で主に使われている言語は台湾語ではなく中国語(北京語)
  • 漢字は繁体字を用いており中国本土の簡体字は使わない
  • 中国本土で使われている中国語(北京語)と台湾で使われている中国語はニュアンスが違う
  • ニュアンスとは使う言葉や使わない言葉、発音など

こういうことです!

ちなみに今回の内容を理解していないと、台湾に行くために勉強する中国語教材を正しく選べません。
また嫁曰く、中国のほうの中国語を台湾で話すと不快感をもたれるとか(笑)
次回はその話を書いてみます。

台湾に行く前に勉強する教材の選び方について書きました。

台湾に行くなら勉強すべきは台湾語ではありません、台湾華語を勉強しましょう

2016.05.23
ボニー
繁体字は昔から使われている字で、それを守っている台湾こそが本当の中国だ!!・・・と言われてるw

シェアしてもらえるとブログのやる気が急上昇します!

2 件のコメント

  • 詳しく説明してくれてありがとうございます!
    ちなみに台湾は国じゃないですよ~元々中国に属しているからです。(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。