台湾・台南の地震でビル倒壊、これは人災です。

台湾で武藤拉麺を経営しているデグです。

台湾・台南で地震があったことはご存知でしょうか。
今も懸命な救助が続けられ、様々な国からの募金も集まっているようです。

新たに4遺体発見=倒壊ビルで捜索続く―台湾 (時事通信) – Yahoo!ニュース

今回の被災者の多くは倒壊したビルの住人であり、そしてこの倒壊したビルに欠陥工事が認められています。

台湾南部地震 倒壊マンションの建設業者3人を拘束 手抜き工事の疑い | 社会 | 中央社フォーカス台湾

以下、台湾人嫁ボニーから聞いた中での情報をまとめてお伝えしたいと思います。

台南のビル倒壊の2大要因

今回倒壊したビルについて、今のところはっきりしている原因は2つ。

鉄筋が通常の半分しなかい柱

建物を支える柱に通常の半分の鉄筋しか入っていない、欠陥工事をしたこと。
台湾南部地震 倒壊建物、鉄筋使用量半分 強度不足鮮明 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

スクリーンショット 2016 02 12 12 35 22

テナントや部屋拡張の為に柱を撤去

そして、部屋の拡張をするために各階の柱を壊し、テナントや、住居を作ったことも強度不足の原因となったようです。
住戶控訴燦坤房東:打掉大量隔牆、樑柱 | 新頭殼 newtalk

スクリーンショット 2016 02 12 12 36 38

この2つが原因となって、このビルだけが大きな被害になったという報道がされています。

倒れたビルによる被害はれっきとした「人災」

現在、台南はこの倒れたビル以外に大きな被害はなく、ほぼ日常に戻りつつあります。
一部に水道や電気の復旧が遅れている場所もあるようですが、災害というには規模が小さいようです。

ですので、上記の2点の理由を考えるとこれは人災になると多くの人はみています。

ちなみに当時、ビルを立てた会社はつぶれてなくなっており、
会社の元代表も逮捕されたようですが、なくなった遺族の方の賠償を支払える能力などないでしょう。

今回の台南地震の人災で集まった多くの寄付金は、真っ先に遺族の方の為に使われることを願うばかりです。
しかもこの倒れたビルは周りに比べて、家賃がやすかったため若い層の住民が多く子供も多かったとか。。。

また、台南に住む日本人ブロガーのリアルな本音も反響を集めています。
日本人のみなさんへ。台南地震へ募金なんかするより、台南人がもっと喜ぶ応援方法を台南在住のぼくは伝えたい

これについて、ぼくも全く同意見です。
募金をして、更に多くの日本人が台湾に来てくれることを願ってます。
せっかくLCCで航空券がこんなに安い時代ですから。

台湾行きのLCC(格安航空会社)のまとめ

2015.10.24

台湾の若者は海外に出るべき。出る力があるんです。

少し話はかわり、こういった台湾の業者による問題が絡んだニュースが出るたびに思います。
台湾で飲食店を営み、多くの台湾人若者と接するぼくとしては、彼らに「海外に出る」という選択をしてほしいな、とよく考えるようになりました。

台湾という国は、少し問題が多すぎるように思うのです。
これは、日本に来て欲しい、というような類の話ではありません。
「自分の生活は自分で選択できるのだ」ということを伝えたいのです。

台湾に産まれたからしょうがない・・・というような思い込みだけはなくしてほしい。

日本語を学んで日本に行ってみたい、そういう気持ちをもったなら是非いってもらいたい。
また、台湾の若者の多くは第二言語まで習得をしています。少なくとも日本人よりはハードルが低いはず。

自分にできることはなにか。

こういった意見は大きなお世話だとはわかっています。

なので、

本気で海外に出たいと思う若者が現れた時、ぼくに相談してくれた時、それを支援できるような体制をつくること。
海外に行きたい時に真っ先に問題になるであろう、金、仕事のことでサポートできること。
自分に何ができるだろう、と考え実際に行動にうつす。

それがぼくに出来ること。
そして、それこそが、武藤拉麺を支持頂いている台湾人、働いてくれている台湾人学生へのぼくの貢献です。

のんきに毎日ラーメン作ってる場合じゃないです。
もっともっと多くの事に挑戦していきます。

ボニーのコメント

ボニー
台湾人が優しく、自由な性格の反面、適当で深く考えてない。

これは今まで多く災害が起こった大きな原因。
例えば、檳榔という木をいっぱい植えたため、台風が来た時土石流が発生など。
多くの台湾若い世代にとって台湾は居られない場所。
変えたいだからこそ台湾人は政治に関心が深い。

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。