醤油タレが手に入ったので醤油ラーメン「雞骨醬油拉麵」を開発しました

飲食店って1年に4回の新商品開発するだけで相当ツライ。
どうも台湾で武藤拉麺を経営しているデグです。

今回は醤油ラーメンを開発したという最近のことから、台湾で売れるラーメンってなんだろう?という話です。

ずっと気になってた醤油ラーメンを開発しました

台湾にきて2年。

ずーっと醤油ラーメン、塩ラーメン食べたいなーと思っていたんですよ。
でも売れないのがわかりきってたので開発してませんでした。

しかし、ふと先日あるメーカーさんから醤油ラーメンのタレを少し安く譲って頂きました。
このタレは「かえし」として使ってもいいし、色々アレンジできますよーということだったので試行錯誤してみました。

雞骨醬油拉麵 鶏ガラ醤油ラーメン

そして完成したのがこちらのラーメン(試作中の写真ですが。)
2016-08-08 14.21.46-2

スープ以外は他のラーメンとまったく一緒の内容です。
(もやし、ネギ、叉焼、たまご)

ただ醤油ラーメンにはシャキシャキのもやしがピッタリなので、もやしの茹で時間を少し変更しました。

和風だしと自家製マー油のコラボ

うちは和風だしと自家製マー油を毎日仕込みしているので、それらをバランスよく組み合わせて作った1杯です。

作ってるうちに、うちのスタッフからは良い評判のスープが出来上がったので新商品としてリリースしました。

新作の醤油ラーメン、売れ行きは?

値段は200元です。
まだ販売してみて5日間だけなのですが、新商品であるということから多少の注目はあるみたいです。

ちは大体1日80杯以上は売れるのですが、20杯ぐらいが醤油ラーメンになりました。
日本人の方に食べてもらったり、ある台湾人の方からはとても美味しいとありがたいコメントも。

しかし・・・
今後、醤油ラーメンをグランドメニューに定着させる気はやっぱりおきないなというのが感想です。

台湾の醤油ラーメンといえば「牛肉麺」

どうして台湾で醤油ラーメンはダメなの?

それは台湾に牛肉麺があること、台湾人にとって醤油ラーメンが何か?というのが分かりにくいからです。

牛肉麺は言うまでもなく、台湾のソウルフード。
長時間、牛肉を煮込んだダシに醤油を加えあっさりとしていて、それでかつ牛の旨味がギュッと詰まった台湾を代表する麺料理です。

スクリーンショット 2016-08-13 19.54.41

煮込んだ筋と牛肉がまた美味しいんですよねぇ。

牛肉麺と醤油ラーメンは全く別物だという意見もあるかもしれませんが、大筋でいえば同系統の料理だとぼくは考えています。

そしてその同系統料理である牛肉麺は台湾では100元以下で食べられるのが殆どです。
そしてうちのラーメンは200元超え。
せっかく日常食ではない、日本の料理を2倍の値段を払って食べてるのに同系統の醤油ラーメンは食べないでしょうよ、と。

そうそう、日本の醤油ラーメンってこれだよね〜!では売れない

醤油ラーメンが好きな台湾人もいるんじゃ?と思うかもしれません。
確かに一定数いるでしょう。

そしてやりかたも色々あると思います。
「日本の醤油ラーメンは、鶏ガラと野菜をじっくり煮込んだスープに醤油かえしを加えた昔ながらのラーメン。日本のラーメンは醤油ラーメンから始まった」

とか、
日本のご当地醤油を使って商品名に日本の地名を入れて、日本好きの台湾人にアピールをするのもいいでしょう。

でも台湾人にはわかりにくいんです。

海外での「わかりやすさ」

じゃあわかりやすいって何なのか?
例えばこんなの(w)

2015-11-30 20.12.39

これは叉焼まるまる1本を特濃豚骨ラーメンにのせたものです。
「鬼盛拉麺」という名前で限定でやっていました。

鬼盛拉麺のようなインパクトでのわかりやすさ。
商品そのものの由来のわかりやすさ。

こういうことが大事だと思っています。

たとえば・・・

海老ラーメンと聞いて日本人のあなたはどんなラーメンを思い浮かべる?

うちは海老ラーメンがあるんですが、
いまでもお客さんが「え?エビフライがのってないけどこれ海老ラーメンなの?」って聞かれることがあります。(w)

そういうことです。
なのでぼくはわかりやすさって大事だなと常に意識してます。

あ、誤解なきよう最後に補足しますが、あくまでも武藤拉麺は台湾のローカルな方をターゲットとして戦略をねっています。
ターゲット変われば戦略も変わるので、一概にはいえないです。

それが楽しいんですけどね。
どうぞご参考までに。

たぶん醤油ラーメンは来週で終わりにするかな?
以上、醤油ラーメンの開発談話と、海外でわかりやすさって大事だよという話でした。

ボニーのコメント

ボニー
牛肉麺食べたくなったw

台湾での起業ノウハウを公開中!

台湾でラーメン屋を起業して3年目を迎えました。
  • 売上は?利益は出たか?
  • スタッフはどうやって募集した?
  • 台湾で起業はおすすめなのか?
  • 物件の探し方は?

などなど!色々な話を盛り込みました。 リアルな投資金額や売上さらには利益率を書いています。
台湾進出を検討している人には参考になるはずです。
台湾でラーメン屋を起業して3年目、利益は出たか?台湾の色々な事情について
この有料記事には、毎月の売上を追記さらには質問への回答を随時更新していますので、ぜひ活用してください。

もっと多くの人に読まれたいのでシェアお願いします!

2 件のコメント

    • どうもです!
      ごめんなさい16日で仕込みした分が完売したので終わりました・・・
      またやろうと思いますので、その際にはぜひ!(^O^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。