台湾でラーメン屋「武藤拉麺」を「小吃店」として開業して分かったこと

久しぶりのブログ更新。

9月15日に台湾・台北で「武藤拉麺」を開業して2ヶ月。
天国と地獄の両方を味わった2ヶ月です。

2014 11 15 21 31 48

色々書きたいことはたまっているんですが、日本人の方が「ブログを見た」と店に来てくれて、色々話をした結果このタイトルのことを真っ先に書かねば、と。

当ブログが「台湾 起業」のキーワードで1番上に上がってくることもあり、台湾で起業したい日本人からの相談も出てきていますし・・・。

台湾での起業はなんといってもビザの問題が1番の問題です。
ぼくは当ブログで「小吃店」での起業を宣言していました。

この内容では、ブログの訪問者に大きな誤解を与えかねないので、早めに報告しておきます。

日本人筆頭の「小吃店」開業には無理があった

小吃店形態ではうまくいかないことが判明してきました。

過去に就労ビザについてこんな事を書きました。

[追記]台湾で起業!就労ビザはどうすればいいのか | ラーメン開発記 in 台湾

小吃店での起業では外国人にビザ発行はできないため、ぼくは共同出資者としての立場で店を経営しようと考えておりました。
しかし、移民局に確認をとったところ出資者=労働者ではない為、原則として労働は不可、とのこと。

ぼくのケースですが、出資者(知人)ぼく(共同出資)の双方ともノービザでの労働は不可です。
そしてこの労働についても少し曖昧なようです。

例えば、ラーメン屋でラーメンを作っておらず、店内に居るだけとしても、それは従業員を監視する「管理者」としての労働としてみなされるようです。

担当者の感覚によってニュアンスが変わりそうな感じですが、実質店に居ることはダメ、というような回答です。
ただ、出資者としての登録をすれば、店に居るのはOKという説明もありましたがそこはよく分かりません。

ともかく、外国人が常に店に居たり、労働している実態があった場合、ビザの提示や、出資者としての登録(?)なりの提示が必要です。
提示できない場合は不法就労に当たります。

なので日本人で、就労ビザを獲得しつつ、起業したい人は自ずと「有限公司」を選択することになります。

有限公司の形態は経営者にビザが発行可能

台湾での会社形態は下記の記事で紹介したとおりです。
台湾での起業!台湾の会社形態について | ラーメン開発記 in 台湾

有限公司は小吃店のような自営業ではなく、法人にあたりますので、会社をつくる感覚になります。
外国人が台湾で法人を設立する場合、自国から資本金を送金しなければいけません。

日本人のであれば、資本金を50万NT$以上送金すれば代表取締役社長(中国語で総経理)に居留ビザ(就労可能)が発行可能です。
この手を使って、日本人筆頭の組織を作るのが1番の方法です。
(50万NT$は大体190万円なのでハードルは高いですが・・・)

[追記]
上記の条件について、下記が詳しくて参考になります。
台湾で会社設立:最低資本金について | 台湾で起業|台湾ビジネス・台湾進出・台湾会社設立・運営サポート

まとめ

  • 日本人が筆頭になって「小吃店」で登記することは可能
  • その際、日本人の筆頭者に就労ビザはできない
  • 有限公司の形態なら日本人筆頭者に就労ビザが発行可能(送金額の条件あり)
  • ざっくりまとめると上記のことが言いたいだけでした。

    当ブログを見て小吃店形態での起業を考えてた方、申し訳ないですがおすすめでき
    ない結果になりました。

    今後、会社設立も経験していくので、また詳しいことをブログで情報公開していきます。
    ではまた。

    台湾での起業ノウハウを公開中!

    台湾でラーメン屋を起業して3年目を迎えました。
    • 売上は?利益は出たか?
    • スタッフはどうやって募集した?
    • 台湾で起業はおすすめなのか?
    • 物件の探し方は?

    などなど!色々な話を盛り込みました。 リアルな投資金額や売上さらには利益率を書いています。
    台湾進出を検討している人には参考になるはずです。
    台湾でラーメン屋を起業して3年目、利益は出たか?台湾の色々な事情について
    この有料記事には、毎月の売上を追記さらには質問への回答を随時更新していますので、ぜひ活用してください。

    もっと多くの人に読まれたいのでシェアお願いします!

    9 件のコメント

  • こんにちは。
    参考にさせていただきたく、このサイトを見させていただいています。いま私は台湾に留学できています。今後小吃店でお店を作りたいと思ったのですが、経営者はビザがとれないとこのサイトで知りました。30歳以上の場合ワーホリのビザも取れないので、どうしようか考えているところです。
    自分がお店に出ずスタッフを雇って裏方として働く場合は、小吃店の方式でもできますか?自分は旅行ビザで出入りしようと思っています。
    何かアドバイスがあれば教えてください。よろしくお願いします。

    • 台湾在住の者です。
      台湾で起業を考える事は大変素晴らしい事ですが、安易に考えている方が多いのも確かなように思えます。

      fannyさんの経営スタイルを日本で外国人の方がしていたらどう思いますか?ホールに出なくても裏方で働く=就労です、それが違法と言うのはここで聞かなくても分かると思います。

      台湾をもっと尊重してください、自分の都合の良いように出来る国と思ってらっしゃるように見えたので大変失礼かと思いましたがコメントさせて頂きました。
      知らなかった、で違法就労=犯罪者になっても良いのですか、国は違えど就労制度や会社登記は日本と同じです、日本で起業するのと同じスタンスをまず持ってください。

    • fannyさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。

      台湾人の方を代表にして小吃店を作って裏方で働くということですが、そのケースもアウトです。
      完全に店を任せて自分は出入りしないのであればOKです。

      店に出入りすると、管理監督者としての仕事をしていると、監査官によってはみなすケースもあるらしいので、小吃店を作ったら極力自分は出入りしないほうがいいかと思います。
      ちなみに監察が来る時のケースのほとんどが密告らしいです。

  • 台湾出店までの道のり大変参考になります。
    行きたくなりましたので、今月の末から1月3日までの台湾行のチケットを取りました!年末年始の営業時間を教えて下さい。

    • こんばんわ!是非きてくださいね。
      年末年始は1月1日のみ休みをいだきます。それ以外は11:30〜14:00 17:30〜20:00にて営業しております!

  • 先週食べに行きました。  私はとてもおいしいと思いましたが、台湾人の友人には麺が固かったようです。

    私も工作証が取れなくて学生しながら働いていた事があります。

    誰かが通報しないと取り締まりに来ないようなので、働いていても大丈夫だと思いますよ。

    • 美味しいのコメントありがとうございます!
      嬉しいです。

      やっぱり台湾人には硬いですかね・・・これから麺の硬め柔めの洗濯をできるようにしようと思ってます。

      通報ですか・・・一度されたんですよね、だから余計に焦ります(;´∀`)笑

  • 先日はお忙しい中、色々な情報を教えて頂きありがとうございました。今後の予定に大変参考になりました。
    毎日お疲れとは思いますがブログの更新 楽しみにしております。
    本当にありがとうございました。

    • 先日はご来店ありがとうございました!
      またいつでもお越しくださいね。開業が順調にいくことを応援しております。
      お互い台湾で頑張りましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。