台湾から日本に一時帰国する人、航空券は片道×2で買ったほうが安いよ

1月に少し日本に戻ります。
というわけでいつものPeachで航空券を買ったのですが、円安の影響(?)で片道ずつ買ったほうが安いじゃん!という出来事がありました。

台北と関空間を往復航空券で買うと

台北と関空の航空券を往復で買うと片道2,750元と表示されます。
スクリーンショット 2014 12 11 15 28 38

往復で5,500元なので日本円にして約20,900円です。(12月25日現在のレート)

台北→関空 関空→台北の片道ずつで航空券を買うと

ところが、片道ずつ買うと航空券が安く買えてしまいます。

台北→関空は先程の通り2,750元ですが、関空→台北は円表示になり、7,080円です。

スクリーンショット 2014 12 25 15 56 08

往復で買った場合:20,900円(5,500元)
片道ずつ買った場合:10450円(2,750元)+7,080円=17,530円

上記のようになります。
3,000円以上の差が・・・
※日本で作ったクレジットカードならその日のレートで円決済されて引き落とされますのでたぶん上記の計算でいいと思うんですが確証はないです。

デメリット

デメリットはなにかと考えてみましたが下記の2点ですかね?

  • チケットを買う手間が2回に分かれる
  • 行きと帰りの予約番号が違うのでそれぞれ管理しないといけない

デメリットと呼べるほどではないですが、こういうちょっとしたことで3,000円浮くならやりたいものです。
台湾在住の日本人の方は是非試してみてください。

ではまた。

タメになったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。