台湾旅行のお土産にうってつけ?台湾のお菓子を紹介!

台湾に来てかれこれ1年。
めでたく、台湾人彼女ができたんですよ。そんな彼女とぼくの共通点が「お菓子大好き」でした。

これまで台湾で色々なお菓子を食べたんですが、その中でも特徴的なのをシリーズ形式で紹介してみようと思います。

乖乖(ぐぁいぐぁい)

記念すべき第一弾の台湾お菓子はこちら!乖乖です
2015-04-19 02.51.09

発音は「ぐぁいぐぁい」で台湾人に通じます。
しかし、なんともチープなキャラクターが印刷されてますね。

正直全然美味しくなさそう(笑

値段

一袋で20元、日本円に換算すると約80円です。
まあ日本では少し安めなスナック菓子の値段です。

味は?

今回食べたのは「五香」という味。
5種類の香辛料がはいってるみたいですが、日本人が苦手な八角があるので嫌いな人も多いかも・・・

2015-04-19 22.07.37

日本でいうカールみたいな食感。
味は、まずいお好み焼きを連想しました。

正直、うまい!っていう感じではない・・・・
でも多くの台湾人にとって懐かしい味、というのを聞くと「ああ、根本的に味覚違うわ」と感じます。

味覚の国境を感じるのに最適なお菓子です(笑

この「乖乖」という言葉には「素直」「大人しい」「いい子」「お利口さん」というような意味があるらしい。
なので、このお菓子に願いを書いておくと、大人しくなってトラブルがおきないと言われてるそうです。
2015-04-19 02.51.20

具体的な例が、これに「PCさんトラブルが起きませんように」って書いてPCの上に置いておくらしいです。
2015-04-19 02.51.05
そうするとPCはトラブルなく動いてくれるんだとか。

「なんだそれ!そんなわけねーだろ」って思いますよね?(笑

でも台湾って神様とかにお願いしたりするのが、凄く多くて信心深いんです。

お菓子にまでその精神が浸透してるんだなと感じさせられます。

パッケージにかいま見える台湾人の国民性(笑)

更に、面白いなぁと思ったのがこのお菓子のパッケージ。

「老闆乖乖幫我加薪吧」というプリントがしてあるんですが、これを和訳すると「社長、いい子だから私の給料を上げてね!」って感じになります。
2015-04-19 02.59.53

こちらは「財神乖乖快點來」これも和訳すると「お金の神様、お利口さんだから私のところに早く来てね」って感じに。
2015-04-19 03.00.19

どんだけお金欲しいんだよ(笑
日本じゃ考えられない内容の言葉がプリントしてあって笑えます。

この辺からも国民性がすこし感じられます。

まとめ

さて、初めての台湾お菓子紹介をしたこの乖乖の評価です。

おすすめ度:☆☆☆
日本へのお土産的な意味でオススメ。味、チープなキャラクター、パッケージの面白さはネタになること間違いなし。

美味しさ:☆
多くの日本人が苦手な八角の味がするので、美味しくはないかな・・・

いかがでしょうか、台湾のお菓子紹介!
色々なお菓子にチャレンジしてどんどん紹介していこうと思いますので気長に付き合ってください( ・∀・)

もっと多くの人に読まれたいのでシェアお願いします!

2 件のコメント

  • 都市伝説みたいなもんですが、あるIT企業のサーバーが原因不明のトラブルが起きて、一日かけて調べたら乖乖の賞味期限が切れたようで、新しいのに変えたら急に治ったとかなんとか。
    実際自分も、ライブとか講演の時、スタッフが音響設備の上に乖乖を置くのを見たことあります。

    • それは面白い都市伝説ですね!
      そういう都市伝説ができれば乖乖の売上は安泰だろうな、と考えてしまいます笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。